ある行旅死亡人の物語

2020年4月。兵庫県尼崎市のとあるアパートで、女性が孤独死した。 
現金3400万円、星形マークのペンダント、数十枚の写真、珍しい姓を刻んだ印鑑鑑......。   
記者二人が、残されたわずかな手がかりをもとに、身元調査に乗り出す。舞台は尼崎  
から広島へ。たどり着いた地で記者たちが見つけた「千津子さん」の真実とは? 
行旅死亡人」が本当の名前と半生を取り戻すまでを描いた圧倒的ノンフィクション。  

若い記者ふたりが、身元が分からない高齢女性の過去をたどる。警察も探偵もたどりつけなかった地元にたどりついたのはすごい。結局、高齢女性が何者だったのかよくわからない。