尚、赫々【かくかく】たれ 立花宗茂残照

関ケ原が戦場となったのは重なる偶発の結果だった!? 立花宗茂は将軍家光から〝天下分け目〟に関して考えを述べるよう命じられる。神君家康を軽んじる失言をすれば、将軍の勘気に触れる。だが真実を話さねばなるまい……天下無双と呼ばれた男の矜持が輝く歴史長篇

立花宗茂島原の乱にまで出陣したのだとか。そんなに長生きしていたことを初めて知った。関が原で西軍につきながら、旧領にもどったのは彼だけ。小説では、関が原の戦いの様子を、三代将軍家光に語っている。